精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが
卵巣がんの予防のため
卵巣と卵管摘出したというニュースが流れましたね。


決断には相当の覚悟が必要だと思いますが、
とても自律した考え方と行動だと思います。


そこには、
世間からの見られ方や
偏見、思い込みなど関係なく

正しい知識と
リスクとの比較

科学的で冷静で
そして家族の気持ちも考慮しての

自律した決断です。


私の母も卵巣ガンで亡くしているので
無視できないニュースでした。
(もちろん私もガンだったから気になります)



自分で決断して
自分で行動することは
とても難しいことですが、

自分で決断したことだから
自由と責任があります。


当然そこに占いやスピリチュアル、霊感など
根拠のない情報は必要ありませんね。

私自身、抗がん剤治療中に
リストラされた経験
がありますが、

ガンに対する誤解や偏見が
ガン体験者に社会的な痛みを与えること

まだまだたくさんあります。


そこで
「ガンになっても安心して暮らせる社会」を作るためには
体験者や医療従事者だけでなく、
企業従事者や経営者など
たくさんの方々にも
知っていただく必要があります。

そのための啓発活動として

11/15(土)に名古屋で
「がんサバイバーウォーク」

NPO法人ミーネット主催で開催されます。

約300人がこの啓発活動のために
名古屋の街を歩きます。


この催しに、
私の知り合いのカウンセラーが運営している
「仕事と治療の両立支援ネット~ブリッジ~」
として無料でご参加いただけます。

ご参加される方にお願いするのは
一緒に歩くだけ。


詳細・お申込みはこちらから↓
http://kokucheese.com/event/index/227826/
チラシもご覧いただけます。


急遽決まったことなので
私は参加できませんが、

がんになっても安心して暮らせる社会を作りたい方の
たくさんのご応募お待ちしております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。