保険、傷病手当申請書を書いてもらう

ここでは、「保険、傷病手当申請書を書いてもらう」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
治療も大事ですが、安心して治療するために
保険、傷病手当の申請をしなければなりません。
人によっていつのタイミングで申請するか分かりませんが、
特に入院前、入院中に安心して集中して治療するために
私なりに気づいたことを書きます。


保険会社、会社の健保の用紙をもらい自分で書く項目は自分で書きます。
見本を必ずもらいそれにそって書きましょう。

分からないところは必ず電話でもよいので聞きましょう。
あとは医者の先生に書いてもらいます。

病院によって書類がどう動くかわかりませんが、
私の病院では受付窓口がありそこに提出。

それから担当の先生に渡り、記入してもらう。
そして受付窓口に戻ってきて受け取ります。

この流れになっていて大きい病院だったので
受け取るのに2週間くらいかかります。

平日昼間しか受け渡ししないので働いている人がもらうには
会社を休むか遅刻か半日休むかしかないです。

もちろん代理でも受け取れますが、一人身だと大変です。
1回で済めばよいのですが。。。

私が面倒だなと思ったことですが、
先生に書いてもらった項目が間違っていたとき
修正して訂正印をもらわなければなりません。

それをもらうのにまた2週間くらいかかって
さらにまた間違いがあって…と、3回くらい直してもらいました。

皆さんも気をつけてくださいね。
特に日付、治療日数、入院日数など間違いやすいので
もらったとききちんと確認しましょう。

それを回避するために提出する前に先生に書いてもらうところを
付箋で具体的に患者さんが書いて貼っておくとよいです。

お医者さんも忙しく事務的なことは急いで済ましたくなるのは分かりますが、
それも業務の範囲なのできちんと書いて欲しいなと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。