ガン体験者の社会的な痛みとは?「がんサバイバーウォーク」へご参…

ここでは、「ガン体験者の社会的な痛みとは?「がんサバイバーウォーク」へご参…」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私自身、抗がん剤治療中に
リストラされた経験
がありますが、

ガンに対する誤解や偏見が
ガン体験者に社会的な痛みを与えること

まだまだたくさんあります。


そこで
「ガンになっても安心して暮らせる社会」を作るためには
体験者や医療従事者だけでなく、
企業従事者や経営者など
たくさんの方々にも
知っていただく必要があります。

そのための啓発活動として

11/15(土)に名古屋で
「がんサバイバーウォーク」

NPO法人ミーネット主催で開催されます。

約300人がこの啓発活動のために
名古屋の街を歩きます。


この催しに、
私の知り合いのカウンセラーが運営している
「仕事と治療の両立支援ネット~ブリッジ~」
として無料でご参加いただけます。

ご参加される方にお願いするのは
一緒に歩くだけ。


詳細・お申込みはこちらから↓
http://kokucheese.com/event/index/227826/
チラシもご覧いただけます。


急遽決まったことなので
私は参加できませんが、

がんになっても安心して暮らせる社会を作りたい方の
たくさんのご応募お待ちしております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。