誰もが心の傷を持っている

ここでは、「誰もが心の傷を持っている」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し重たい内容ですが、
別のところで記事を書いたので
メルマガ読者様にもお話いたします。


■■さて、心の傷とは何でしょうか?

その一例として、
他人の言ったことや行動に
傷つくことがあると思います。


それが人間関係のストレスとなって感じます。

通常、よほどのストレスでなければ、
人間の心にも自然治癒能力があり
生活に影響をおよぼさないくらいに回復します。


そのストレスや心の傷が癒され、熟成されて
人生に生かされるのだと思います。

ここまでくると、傷とは言えなくなります。

傷跡は残りますが、それが知恵や経験となり
個性となります。


時折、古傷が痛むこともあるでしょう。
でも、対処法を知っているので
勇気を出して新たな決断や行動ができます。



ところが、嫌な記憶や心の傷が
いつまでも癒されず生かされず、
ズルズルと引きずっていると、
今の感情や行動に影響を及ぼします。


意識の焦点が現在ではなく、過去にとどまっています。

未来に向けての建設的な思考が
できなくなっています。

そんなとき、絶対的に正しい理論(正論)でも、
人は動きません。




もっとひどくなると、トラウマとなり
全く関係ない些細な痛みも
そのことに関連付けて思い出されます。

私の場合 ”記憶が腐る” と言っています。



■■では、体の病気とどう関係しているかというと、
体の痛みがあっても、
心の痛みとして過去の痛みを思い出すこともある。
(必ずしもというわけではない)


ましてや病気中すべての人が、
完治に向けて健全な心を持って療養しているわけではありません。

(健全な心が何かは、また難しい問題になりますが・・・)



ガン患者であるということは
癌だけを問題点として持っているわけではありません。

もしかしたら、

ガン+家族も複数人ガン
ガン+難病
ガン+精神的な病(ガンによるものではない)
ガン+自己破産

という方もいるかもしれない。

有名人や芸能人のように
多くの人から応援されるわけではありません。


実際12年前、私の母がガンだったとき、
その実母(祖母)もガンで闘病していました。



私だってすべて心が満たされているわけではないし、
それが自然で人間的だと言えます。


今でも腹わた煮えくりかえるぐらい
腹の立つことを思い出したりもします。

私にも、絶対に誰にも話したくないことはあります。


それでも、自分の暗い部分を話せる人がいたら
大切な人になるのでしょう。


でも最初は、安心して話して大丈夫な人だと思ったら、
痛い目にあった、
ニセ者だったなんてこともある。


いづれにしろ人生の分厚さってのが
年齢に関係なく見えてきます。



■■普段、自分の身近で接している人が
どんな境遇にいる人なのかは分からないので、
できるだけ相手の状況をくみ取って
等しく接したいと思っています。


表情や態度で、ある程度察することもできますが、
最終的には言葉でないと分からない。

これが自分から発信する場合も同様で、

悲鳴をあげても、
悲鳴のあげ方が間違っていれば伝わらない。



私はどちらかというとガマン強いほうで、
痛みがあっても、たぶん死ぬ直前にならないと
悲鳴をあげないほうです。



30数年、真面目に生きていても
報われないと証明できました。
(↑金八先生あたりが聞いたら怒られるか?)


皆様には同じ苦労はしてほしくないので、
気分良く生きるための細かいテクニックを、
時にはセコいテクニックを
全力でお話していきます。(余計なお世話かな)



【追伸】
読者様の中には、もちろん同業者の方もいるかと思います。
でもお話していきますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。