イトカワ博士と私

ここでは、「イトカワ博士と私」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご覧いただきありがとうございます。



先日、小惑星探査機「はやぶさ」が帰ってきましたね。


地球と火星の間の軌道を回る小惑星イトカワの石を
持ち帰ったかもしれないということで、
たくさんニュースになっています。


「はやぶさ」の計画は当初4年でしたが、
度重なるトラブルで7年越しの帰還となったようです。

そりゃぁ、もう、ご苦労が絶えなかったようで・・・。

私みたいです。




小惑星イトカワというのは
日本のロケット開発の父、糸川英夫博士にちなんで
つけられたものです。


その糸川さん、実は私が尊敬する方の一人
かなり糸川さんの考え方に影響を受けています。


ビートたけしさんやヘヴィメタルと同じくらい影響を受けています。


私が高校生のとき手にした「日本創成論」という本で初めて知りました。


世間的には「逆転の発想」で有名ですが、
ロケット開発イスラム、ユダヤ文化に精通していたりと
多才なところに魅かれ・・・。


糸川さんの著書はとても読みやすく、
科学的で、論理的で、
しかも私のような素人にもわかりやすく書かれてあります。


たけしさんの『平成教育委員会』に出演されていたり、
とにかくユニークで柔軟な方でいらっしゃいました。


著書の中にも書いてありましたが、
日本はもっと人(個人)に栄誉を讃えるべきとありました。


それこそ私としては、もっと糸川さんがフォーカスされ
尊重されるべきかと思います。


もちろん組織や成果も大事ですが、
日本人はなかなか個人を褒めないのはなぜでしょうかね?


それに関して別のお話がありますが、
長くなりましたので、また次回書きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。