賢くなる方法

ここでは、「賢くなる方法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬の大河ドラマが始まりましたね。



実は私、きちんと大河ドラマを観るのは
人生で初めてです。



●他のTVドラマはあまり観ないのですが
(今は「相棒」くらい)
やはり役者さんの演技の気合の入れようは
大河ドラマを観たことがない私でも
大いに感じました。


それはNHKの大河ドラマという
高いステータスの役に抜擢された重大さにより、
役者さんも自然といつも以上に
気合が入るのでしょう。




●明治維新はなぜ”維新”というのでしょうか?
あれだけ革命的なことが起こって
”革命”とは言いませんよね。


その言い方の違いに
明治維新の性質があるのでしょう。




●そこで起こるのが龍馬ブーム。
すでに書店の店頭には龍馬の本特集として
ズラリと並んでいます。


また、龍馬のお墓へ行く道も
見学者で混んでいるそうです。


しかしブームもいつかは自然と去ります。
そして本質をつかんだ数%の人が長くハマり
残ります。




そのブームに乗じて私もハマるかどうかはわかりませんが
少なくとも明治維新以降の日本が世界の仲間入りをし
先進国を歩んできた歴史にはいつも興味があります。


なので第1次、2次大戦などの
ドキュメンタリー番組も観てしまいます。


どうして起こったのか
なぜそうなったのか
犠牲は必至だったのか
など考えてしまいます。


今の年金も元々は戦時下での
資金調達のためだったそうです。




それは単なる歴史として面白いだけでなく
今の私たちにも通じます。


弱小な企業がのし上がっていく術のヒントになったり
一人の人間が強くなっていくヒントにもなります。


当然、戦国時代や三国志もヒントになるでしょう。


以前レッドクリフのときも
同じような記事を書いた記憶が・・・。


それが歴史の役目で、
同じ過ちを犯さないためにも
分かりやすく伝えていくべきなのだと思います。



そして人類が少し賢くなるわけです。


しかし人間そのものの性質は
原始時代の大昔と変わらないということを
私はいつも頭に入れています。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。