感情に善悪ない

ここでは、「感情に善悪ない」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、心理学部出身のカウンセラーさんと
お話していたのですが
いろいろ専門的に学んでいる人でも
解釈や教わる内容は違うようです。

(あまり出たがりではない人なのでお名前は控えてくださいとのこと…)


タイトルにあるように
人間の感情をどう捉えるかで
気持ちのコントロールの仕方が変わってきます。



嫌な悪い感情は自分の意志でコントロールすべきという人もいますし
私のように”感情はコントロールしない”というスタンスを取る人もいます。


そのカウンセラーさんと話していて出てきたのは
感情自体に善悪はないということです。

私も同意見でした。



多くの人が怒りや嫉妬や悲しい感情が
さも悪いことのように思ってしまいます。

それを「怒ってはいけない」というように
感情を押さえつけてしまってストレスがたまると
別のところで歪みが出ます。


感情を表現するかどうかは別になりますが、
嫌な感情が起こることは人間の自然な仕組みですし

嫌な感情を経験し、
今後起こらないように予測して行動できるのも
人間に備わっている技能です。


まずは今の感情に気づくことが大事です。


しょせん人間は自分の体で作り出した化学物質と
電気信号で動いています。


”うつ”になる化学物質物質を発生するのも自分の体です。



ガンになれば誰しもパニックになり
嫌な感情が湧き起こります。

それを自分ではどうしたらよいかわかりませんし
医師では説明できません。
(もちろん親身になって聞いていただける方もいますよ)


心理的なことを説明するより先に抗うつ剤などを使ってしまいます。
不眠症に関しても同様に
心理的に解き放つより先に睡眠薬で対処しようとします。


周囲に分かってもらえる人がいれば
気持ちも多少落ち着くでしょう。



それがガンに限らず
人間関係や仕事などで
強烈なストレスにさらされたときも同様です。


ガンになって喜ぶ人はいません。

人間の自然な仕組みを理解しておくだけでも 何かあった時、パニックに”陥り続けてしまう”ことはありません。

いえ、もしかしたら私がまたガンになった場合
経済的な面さえクリアできれば
喜んで闘いに挑むかもしれません。(汗)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。