第15回日本がんコンベンションのお知らせ

ここでは、「第15回日本がんコンベンションのお知らせ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日はNPO法人がんコントロール協会様より
第15回日本がん(代替・統合療法)コンベンションの
告知をさせていただきます。



-----第15回日本がん(代替・統合療法)コンベンションの詳細-----

NPO法人がんコントロール協会では、
7月25日、26日に代替療法、統合療法のコンベンション
(第15回日本がんコンベンション)を
東京九段下にて開催いたします。
http://www.npo-gancon.jp/convention15th/index.html
14年前から毎年開催しており、今年で15回目のコンベンションになります。


毎年2日間で800名ほどの参加者があり、
今年も日本、アメリカから15名の代替療法・統合療法の実践者をお呼びして
癌や糖尿病、認知症等の難病についての講演を予定しております。

予定している講演者は、
●「免疫革命」の安保 徹先生
●帯津三敬病院名誉院長の帯津 良一先生
●「抗癌剤に殺される」の船瀬 俊介氏
●ゲルソン療法のハワード・D・ストラウス氏
●「今あるガンがきえていく食事」の済陽 高穂先生
●「認知症が目に見えて良くなる改善プログラム」の小川眞誠氏
●「医者に頼らない! 糖尿病の新常識・糖質ゼロの食事術」の釜池豊秋先生
●「ペットのためのガン代替療法」の清水無空先生
●アメリカがんコントロール協会会長のフランク・コウジノウ氏
●医療法人真美健会理事長の関 朗先生
●鹿児島大学客員教授の矢野原 良民先生
●「みんな好きで一緒になった」の小南 奈美子先生
●鶴見クリニック院長の鶴見 隆史先生
●有限会社超越意識研究所社長の寺山 心一翁先生
●キャンサーケアクリニック神田院長の菅野 光男先生
●NPO法人がんコントロール協会会長「がん難民119番」の森山 晃嗣
です。

癌にとらわれず様々な難病(糖尿病、認知症)について
また、今年はペットの代替療法についても講演を予定しております。

最先端の代替療法の成果を、2日間で14000円からご参加できますので
講演者一人当たり、1000円せずに講演を聞けるまたとない機会です。



今年のコンベンションは、1000名の参加者が見込まれるそうです。

日本から癌や難病で困る人たちを少しでも減らし
心身ともに健康な人が増えること意図して活動しています。

もし機会がございましたら参加されても良いかと思います。

日本がんコンベンション詳細
http://www.npo-gancon.jp/convention15th/index.html



一方私のほうもいろいろ面白いことを企画進行中でございます。
またお知らせいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。