心の病気 参考キーワード

ここでは、「心の病気 参考キーワード」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の病気の参考キーワードを挙げておきます。
私の独断で挙げていますのでご了承ください。

また、
・医師から診断された
・医師に診てもらってはいないが自分でそう思う
・その症状で生活に支障をきたす
・働けるが心理的に苦しい
・日常生活には支障はないがその傾向がある
・他者の生活に支障をきたす

と、人により軽~重度、健常と患者のはざ間で苦しんでいる人など
多くのパターンと段階があり、
多くの症状が重なっている場合もあります。

ヘタに身に付いた社会性のおかげで働けていることもあります。
私自身そうです。


人の心理の傾向として
専門家に病気として診断されたがゆえに落ち着いてしまい
さらにそこから抜け出しにくくなります。

社会生活にそぐわないという病名、症候群としてレッテルを
貼られる。

または自分でレッテルを貼ってしまう。

自分なりの言い訳をしてしまうのです。
●●だからしかたがない、など。

言い訳をするとその場は済んでしまうので
行動する、努力するチャンスがなくなるのです。

これは病気に限らず何にでもいえます。

また
心の病気から体の病気を引き起こす
体の病気から心の病気を引き起こす
ことはいくらでもあります。



あくまで参考のキーワードです。
気づいたところから足していっています。

自閉症、アスペルガー症候群、吃音どもり、読字障害、言語障害
パニック障害、性同一性障害、心身症、自律神経失調症
人格障害、睡眠障害、術後精神病、神経衰弱、心気症
強迫神経症、うつ病、摂食障害、知的障害、てんかん
ひきこもり、PTSD(外傷後ストレス障害)、分離不安障害
多重人格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。