健康保険

ここでは、「健康保険」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康保険についてです。

入院中に退職したので、
会社が入っている組合健康保険を続けるかどうかになってきます。


社員のときは会社50%自分50%で
保険料を払っていたのですが、
会社には在籍していないので、
今までの倍払わなければならないことになります。


そのときはすぐ復職(正式には新たに”入社”ですが)すると
思っていたので多少高くても、
会社の健康保険を引き続き使っていこうと思いました。


退院した日に健康保険の組合に電話で
引き続き保険に入れるか聞いてみました。

引き続き入るには退職日から●日以内の申請なら可能ということでした。

それがタイミングにより、1日、2日の違いで不可能になりました。
非常に悔しいです。



2008年1月8日にさかのぼって退職しています。
上司が来てその話を聞いたのが退院1/30の寸前です。

また腑に落ちない記憶が残ってしまいました。


健康保険組合の対応していただいた方がまたそっけない対応で
事実は変わらないにしろ
人には感情があるのを分かってほしかったです。


あとは国民健康保険しかありません。
保険適用なしの治療費は非常に高額になります。

すぐ役所に行って聞いてみました。
そして、さかのぼって保険に入れることがわかったので
ほっとしました。

簡単に理由を言えば、さかのぼって保険に入れます。

ほっとした感じもあってか、先ほどの組合の人の対応より
役所の人の対応がすごく丁寧に感じました。

ほんの10年くらい前までは役所の人の対応は無愛想な感じでしたが
最近はどこの役所、税務署などは丁寧に感じます。

==========================================
ご注意
私が経験した当時の事をお話しているので、
制度上変更になっている可能性もございます。
==========================================
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。