精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し重たい内容ですが、
別のところで記事を書いたので
メルマガ読者様にもお話いたします。


■■さて、心の傷とは何でしょうか?

その一例として、
他人の言ったことや行動に
傷つくことがあると思います。


それが人間関係のストレスとなって感じます。

通常、よほどのストレスでなければ、
人間の心にも自然治癒能力があり
生活に影響をおよぼさないくらいに回復します。


そのストレスや心の傷が癒され、熟成されて
人生に生かされるのだと思います。

ここまでくると、傷とは言えなくなります。

傷跡は残りますが、それが知恵や経験となり
個性となります。


時折、古傷が痛むこともあるでしょう。
でも、対処法を知っているので
勇気を出して新たな決断や行動ができます。



ところが、嫌な記憶や心の傷が
いつまでも癒されず生かされず、
ズルズルと引きずっていると、
今の感情や行動に影響を及ぼします。


意識の焦点が現在ではなく、過去にとどまっています。

未来に向けての建設的な思考が
できなくなっています。

そんなとき、絶対的に正しい理論(正論)でも、
人は動きません。




もっとひどくなると、トラウマとなり
全く関係ない些細な痛みも
そのことに関連付けて思い出されます。

私の場合 ”記憶が腐る” と言っています。



■■では、体の病気とどう関係しているかというと、
体の痛みがあっても、
心の痛みとして過去の痛みを思い出すこともある。
(必ずしもというわけではない)


ましてや病気中すべての人が、
完治に向けて健全な心を持って療養しているわけではありません。

(健全な心が何かは、また難しい問題になりますが・・・)



ガン患者であるということは
癌だけを問題点として持っているわけではありません。

もしかしたら、

ガン+家族も複数人ガン
ガン+難病
ガン+精神的な病(ガンによるものではない)
ガン+自己破産

という方もいるかもしれない。

有名人や芸能人のように
多くの人から応援されるわけではありません。


実際12年前、私の母がガンだったとき、
その実母(祖母)もガンで闘病していました。



私だってすべて心が満たされているわけではないし、
それが自然で人間的だと言えます。


今でも腹わた煮えくりかえるぐらい
腹の立つことを思い出したりもします。

私にも、絶対に誰にも話したくないことはあります。


それでも、自分の暗い部分を話せる人がいたら
大切な人になるのでしょう。


でも最初は、安心して話して大丈夫な人だと思ったら、
痛い目にあった、
ニセ者だったなんてこともある。


いづれにしろ人生の分厚さってのが
年齢に関係なく見えてきます。



■■普段、自分の身近で接している人が
どんな境遇にいる人なのかは分からないので、
できるだけ相手の状況をくみ取って
等しく接したいと思っています。


表情や態度で、ある程度察することもできますが、
最終的には言葉でないと分からない。

これが自分から発信する場合も同様で、

悲鳴をあげても、
悲鳴のあげ方が間違っていれば伝わらない。



私はどちらかというとガマン強いほうで、
痛みがあっても、たぶん死ぬ直前にならないと
悲鳴をあげないほうです。



30数年、真面目に生きていても
報われないと証明できました。
(↑金八先生あたりが聞いたら怒られるか?)


皆様には同じ苦労はしてほしくないので、
気分良く生きるための細かいテクニックを、
時にはセコいテクニックを
全力でお話していきます。(余計なお世話かな)



【追伸】
読者様の中には、もちろん同業者の方もいるかと思います。
でもお話していきますね。
スポンサーサイト
また暑い日が続いています。

こまめに水分を摂ってくださいね。
人間は想像以上に水分を使って、
排出しています。


以前同じことをお話しましたが、
少し改編してお送りします。



夢・・・

聞こえが良いですね。
小学生の習字の題材にもなります。


皆様は夢をお持ちですか?

真面目な方が多いので
とても素敵な夢をお持ちかとお察しします。


大富豪になるぞ、という大きな夢から
片思いの異性に一言だけ話しかけるぞ、という小さな夢まで
いろんな夢があるかと思います。


その夢のために小さな行動を大切にしていきたいですね。


その一歩で、夢があなたに近づいてきます。

または

その一歩で、あなたは夢に近づきます。

(どちらの表現が好きですか?)




しかし、そんな夢も
宝くじを買えば簡単に”夢”を見ることができます。


宝くじは、
当選したとき、どうお金を使おうか夢を見たり、
想像や妄想したりする”機会”を買うものです。

現実にお金が手に入る確率は極めて低いです。



それぐらい夢は「夢」に過ぎないのです。
急に冷めた言い方ですいません。



今の日本であれば、個人的な問題なら
大抵のことがお金で解決できます。

上っ面の欲と考察で書いているのではありません。

親の年収が高ければ、
子供の学力が高いというのも現実です。


この理由を説明するとなると
長くなるのでまたいつかお話します。

ちなみにお金の性質とか感情とか機能については
本田健さんが分かりやすく説明しているので、
本をご覧になってもよいかと思います。




人は持っている金額のだいたい3倍の額の使い方を
現実的に想像することができるといわれています。



自由に使える1万円を持っているとしたら、
おおむね3万円ぐらい使うことを
超リアルに想像することができるということです。


宝くじで1億円当たったら●●に使えるなぁといった
ぼんやりした妄想でなく
”超リアル”にです。


100万円持っていたら、300万円
1000万円持っていたら、3000万円です。


家のローンを組む時は
頭金で1000万円支払って
残り2000万円ぐらい支払っていく・・・
というのが想像できて、現実的に計画もできます。




そんな夢をもっと実現にしてくれるのが
行動力であったり
分析力であったり
予測力であったり
集中力であったり

と多くの能力が必要になってきます。


そして、夢=欲望です。

ミュージシャンになりたい!
独立起業したい!
焼肉食べたい!
トイレに行きたい!

これらも、すべて欲からはじまります。


何かとキレイ事のように
”夢”の一言で済まされてしまいますが、
夢も冷静に分析していかないと
実現できないということです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。