精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『正しいことは自然に起こる』


F.M.アレクサンダーの言葉です。

「誰それ?」

F.M.アレクサンダーは19世紀末、舞台役者をしていました。
のちにアレクサンダー・テクニークという技法(?)を開発した人です。


アレクサンダー・テクニークとは俳優や楽器奏者のために
適切に体の動作をさせるための方法といったところです。


身体動作の解剖学として
プログラムやレッスンとして現代まで伝わっているようです。



私は抗ガン剤治療中に
段ボールいっぱいの本を持って行って読んでいましたが、
その中にこのアレクサンダー・テクニークの本がありました。



その身体動作のテクニックを語る以前に
根底にある思想がとても自然で、

日本の優秀な古典的心理療法である
森田療法にもつながる部分があります。


そのF.M.アレクサンダーの言葉の一つに
『正しいことは自然に起こる』とありました。


心も体も必要以上に緊張しているので
目的にたどりつけない。

目的を手放せば、目的に近づくというお話です。


私は専門家ではないのでうかつに説明できませんが、
自分の心が何かにとらわれていると窮屈で苦しいですね。


そんな時、放って自然にしていれば
気が楽になるものです。


死にたくない、死にたくない・・・ばかりだと辛すぎます。

というかTV番組でそういう話があったので
観てるほうも苦しすぎて、恐怖を植え付けられます。

命の尊さを伝えるものとは違ってきます。


そんな心の鎖を解き放つには
いろいろやり方がありますが・・・。

またいつかお話します。


■参考文献
とりあえずどんなものかな、というところを知るには
こちらが良いかと思います。
鴻上尚史さんとの対談もあって分かりやすいです。

アレクサンダー・テクニーク やりたいことを実現できる〈自分〉になる10のレッスンアレクサンダー・テクニーク やりたいことを実現できる〈自分〉になる10のレッスン
(2007/08/22)
小野 ひとみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。