精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。




リンパについて調べていたところ
いろいろなジャンルでご活躍されている方がいるようです。


リンパと言えば
有名なのがリンパマッサージ

漠然とリンパマッサージが美容、健康に良いと
思っている方も多いと思います。



でも医学的に体の機能の専門知識があって
実用的にお仕事されている方がいらっしゃるのか、
探していました。

しかも私のような無名の人間に
お相手していただけそうな方・・・。


いらっしゃいました。



NPO法人日本美容統合医療協会リンパケアセラピスト
ピュアセルフケアアドバイザーのYUKINO先生という方に
リンパについてお話を伺いました。


実はとっても重要な機能をはたしていたのです。


リンパとは、
体の老廃物や毒素を排出する機能全体のことをいい、
リンパ液、リンパ管、リンパ節からできているそうです。

リンパ液で老廃物をリンパ管に沿って運び、
リンパ節でろ過して、体外に排出されます。




では私たちが気がつく形で、どう関わっているでしょうか?
身近なところで体に表れていました。


それは「むくみ」です。


女性の方なら少なからず悩んでいることと思います。
男性でも手足がむくんでいたりすると
すぐ気がつくものです。


むくみで
靴やブーツが履けなくなったり、
ジーンズがパンパンになったり、と
日によって、あるいは時間帯によって変化が大きいものです。

もちろん女性にとっては男性以上に
悩みが深いでしょう。



そんなむくみもリンパさえ流せば
簡単に無くなるのだということがわかりました!


そして老廃物を排出する機能なので
リンパを流していれば、
生活習慣病の予防にもなり
体質改善にもなります。

当然ダイエット効果も出てきます。


脂肪やセルライト、老廃物が溜まるのを予防できるわけです。



生活習慣全体からリンパの調子を整え、
体の本来の機能を呼び戻し、回復させることを
リンパケアと呼んでいます。



そんなリンパケアの大切さを
皆様に分かっていただきたく、
今回あることに焦点を当てて
リンパケアの基礎的なお話を小冊子(PDF)として作成いたしました。


特に女性は必見ですので
ぜひ読んでみてください。

こちらからダウンロードできます。
http://pure-selfcare.com/ashi_mukumi/dl/muryou_ashi_mukumi.pdf



リンパの可能性はまだまだあります。

またいろいろな形として完成しましたら
記事を書いていきます。
スポンサーサイト
いつもご覧いただきありがとうございます。
こんにちは。




今を去ること3年前、
2007年のGW直前(ちょうど今ぐらいの時期です)
私は精巣癌が発覚し緊急手術をいたしました。


10万人に1人か2人ぐらいの割合だそうです。


そして5ヶ月後、
癌が腹部のリンパ節に転移していたことが検査で分かり、
その後、のべ約4か月にわたり抗ガン剤治療をして
癌を克服いたしました。



その後の出来事については
メルマガやブログ等にて
いろいろ説明させていただいておりますが、
今日お話するのはそのリンパについて。



言葉は有名だが、実は皆よく知らないリンパ・・・。


入院していた時、リンパってなんですか?と担当医に聞きましたが、
「はっきり解明できてはいませんが・・・」と
大学病院の最先端の医療でも解明できていない機能です。


そのリンパですが”西洋医学”としては
詳しく分かっていないということです。


ましてや日本の医学は頭が固いので
たとえ欧米でリンパのことが分かってきていても、
知識と実用的な医療を日本で利用するのは遅いです。




でもリンパの機能を分かって、
実用化されている方は日本にもいらっしゃるものです。



そこである方に相談したところ、
いろいろお役に立てるお話が聞けました。


今回はこれぐらいにして、
続きは、またお楽しみに・・・。
花が散るのは早いが
そのあと生命力あふれる緑の葉がつき始めます。




このような画像スライドツールはこちらで入手できます。
http://flash-bucks.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。