精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少しずつ暖かくなってきていますね。
空気の香りや日差しが変化しているのが感じられます。




ちょっと前に「探す」お話をいたしましたが
並べて比較したり
改善点を見つけたり
どれが良いか探したりすることを
ロジカルシンキングやクリティカルシンキングと言います。


これらはもっとたくさんの要素も含まれていて
理論的に考える方法や問題解決の方法など
思考力をつけるものとして書籍も多数出ています。


ですが特に専門的な本は読む必要はありません。


余計混乱します。


論理的といいながらその手の本は難しく書かれていて
結局何が言いたいのかわからないものが多いです。


そしてあくまで論理なので感情については書いていません。




ですが一つだけお勧めする本があります。


ベストセラーにもなったので知っている方も
多いと思いますが

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る

渡辺健介 著


という本です。



私が抗ガン剤で苦しんでいたときにも
すんなり読めた本なのでとても読みやすいです。


それこそアマゾンの内容紹介で中学生でも読めると
書いてあります。




しかし中身をあなどってはいけません。
必要最低限の量で、重要なポイントは十分書かれています。


この本1冊で、あなたがいざ焦った時でも何をすればよいか
考えることができるようになります。

一生ものの思考を身につけることができます。


まだ読んでいない人は是非読んでみてください。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る




「難しいことを難しく説明する」のは簡単ですが
「難しいことを簡単に説明する」のは難しいです。


この本みたいに分かりやすく書けるように
私も目指しています。

スポンサーサイト
バンクーバーオリンピックが開催されますね。


野球やサッカーとは違って
私のように細かなルールや高度な戦術を知らなくても
楽しめるのがオリンピックや世界陸上などの競技です。



競技時間も短時間なのが見やすいポイントです。



選手の表情や目線、息づかいなどをみて
どう集中力を高めて能力を発揮しているかを
見ていると面白いです。



深夜のテレビ放送ですが
リアルタイムで観る感動
スポーツニュースで観る感動とは違いますので
出来ればリアルタイムで観たいものですね。


目標を達成する瞬間を観ることができるわけです。
「板尾創路の脱獄王」を観てきました。

http://www.datsugoku.com/



昭和の脱獄王が実際にいたという話は
テレビでやっていましたが
さて脱獄の話を板尾さんはどう展開させたか。


ネタバレしたらご迷惑になるので
あまり話せませんが
期待以上に面白く
板尾さんらしい結末を迎えます。


初監督作品にしては十分な作りです。



もう一度観たい

いや

何度も観たくなる映画です。


そして、天才板尾創路の次の作品を早く観たいものです。



以前、ダウンタウン松本人志さんが
ビートたけしさんと
TBS「情報7days ニュースキャスター」で対談したとき

テレビでは規制が多くなって
何も出来なくなってきていると言っていました。

だからやりたいことを映画で・・・というようです。



湧きあがる思いが天才にはあるのですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。