精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回までの「探す」話をしたところ、
たまたま米トヨタの大規模なリコールのニュースを見たので
そのことに関してお話します。


私が業者を探したときも
プリンタを探したときも
必要な機能や役に立つ機能を
並べて比較しました。


このようなことは多くの方がやっているかと思います。


家電製品のカタログでいうと
機能別で見やすく並んでいたり
巻末に表(寸法とか消費電力とか)としても載っていますね。


こうしてたくさんの要素を比較して
良いものを選んだり
改善点を見つけたりすることを
ベンチマーキングといいます。


私としては設計をやっていた頃に
知った言葉ですが
比較自体はみなさんやっていますよね。




で、何でトヨタの多くの車種で
リコールになったかは
既存のうまくいっている車種に習って
後から設計した車種も同じような構造になって
同じ問題が起きるからです。


このことは他のメーカーも家電メーカーも
あらゆる業種でも同じことをしています。

(一応機密情報には気をつけてお話しています)



既存の良い方法を拝借して自分のものにするのは
楽なので是非やってください。


すべてゼロから自分で作り上げることは不可能です。

「自分でゼロから作る」と言っている
専門学校のCMがありますがそれは違います。
過去の情報が脳にインプットされていて
無意識に絶対作品に出ています。


そのためにコツコツ探して
比較して並べてといった作業が大事になります。




■でも今回のリコールのひとつに
アクセルペダルがフロアマットに
引っかかってしまうものがありますが

いい加減な社外品を使って
いい加減にマットを置けば
そりゃぁ~アクセルに引っかかるので
使用者の問題でしょ、
と思います。


トヨタもたまったものではありませんね。

そしてマスコミやメディアが取り上げるほど
それだけに意識が行ってしまい
信用を失うきっかけになってしまいます。

このフロアマットの問題は
どのメーカーの車も同じなんですよ。


マスコミの取り上げ方次第
世論が変わってしまう例です。

その証拠に現地の人のインタビューは
”不安な意見”を数人しか放送していません。

それだけで観た人の脳に焼きついて
商品選びに強大な影響を及ぼします。

どうかマスコミなんかに惑わされず、騙されず
ご自身の判断と眼力で商品を選んでほしいです。

(偉そうな口調で申し訳ないですが本当なんです) 

しかしどんな使用者がいても
それが起きないようにカイゼンしないといけません。


たぶんアメリカでの出来事だから
話が大きくなっていったのだと思います。


アメリカは契約と訴訟の国ですから。




ちなみに探して比較する話は
友達選びや恋人選びには使えないと思います。

スポンサーサイト

■買いに行ったときのことをもう少し。。。

店で値段交渉しようとしたのですが
決定権がある店員さんがいなかったので
しばらく待っていました。


で、最後に提示してくれた値段が
それほど安くならなかったのですが
用紙とか付けてもらって
渋々買おうとレジに行きました。


そこでバーコードを通したところ
提示してくれた額よりはるかに安くなっていました!


何があったかというと
交渉していたり
待っているあいだ
値段が下がっていたのです!


たぶん店での登録価格自体が下がったのでしょう。
その瞬間を目の当たりにしたのです。


今までも何回か値段が下がる瞬間を見たことがありまして
すべて夕方くらいでした。

なので安く買いたいときは
平日の夕方以降がいいかもしれません。


土日祝だと店員さんが手いっぱいで
なかなかつかまりません。


”家電芸人”ほど詳しくありませんが
見ているだけでも量販店は楽しいですね。

このまえプリンタを買ったときのことです。


私が今まで使っていたプリンタ(7年前のもの)にはない機能が
仕事で必要になったので
プリンタを買い替えたくて安い店を探していました。


正月明けなので相場が上がって年末より高くなっています。


しかも私のほしい機種が店頭在庫がない店が多く
あっても高いところがほとんどです。


でも仕事で使うために急いで手に入れたいわけです。
さらに量販店のポイントを使って
現金出費を少なく済ませたいのです。




ところが欲しい機能は上位機種にもあり
お金を出せば手に入ります。

それは複合機です。


元々スキャナを単体で持っているので
複合機には全く目を向けていなかったのですが
最初に希望した機種がなかなか手に入らないと思うと
複合機の可能性も考えなければなりません。


じゃあ複合機を入手することによる
ほかの利点を調べていると
その機種は無線LANが使えることを知り魅力を感じました。


ここで多少出費しても、
無線LANが使えて
店のポイントが使えて
手持ちのスキャナを売れば
(もちろん古いプリンタもジャンクとして売ります)
最終的に心理的には落ち着くかなと思いました。


そして買いました。




何が言いたいかというと
私の意識の焦点の移り変わりです。


上記のようなことなら
皆さんも経験あるかと思います。


それがどんなことで自分の気持ちが変わっていくかを
自覚して憶えておくと
嫌なことがあっても
いろいろ理由をつけて
他のことに焦点を合わせれば(集中すれば)
嫌な思い引きずることはなくなります。



専門的にはフォーカスチェンジと言いますが
覚える必要はないです。




もし私が最初欲しかった機種に固執していれば
なかなか手に入らず
気分的に優れないでしょう。


欲しい機能があれば十分なので
他の機種にも目を向け始めたわけです。


たまにはこんなお気軽な話題も・・・


ずっと私のお気に入りでいます。

安いのにとてもおいしい。

ヤマザキのカスタードブッセ。

他にもチーズ、チョコ、コーヒー、ミルク、イチゴ味があります。
すべて好きです。


IMG_1126.jpg

坂本龍馬の大河ドラマが始まりましたね。



実は私、きちんと大河ドラマを観るのは
人生で初めてです。



●他のTVドラマはあまり観ないのですが
(今は「相棒」くらい)
やはり役者さんの演技の気合の入れようは
大河ドラマを観たことがない私でも
大いに感じました。


それはNHKの大河ドラマという
高いステータスの役に抜擢された重大さにより、
役者さんも自然といつも以上に
気合が入るのでしょう。




●明治維新はなぜ”維新”というのでしょうか?
あれだけ革命的なことが起こって
”革命”とは言いませんよね。


その言い方の違いに
明治維新の性質があるのでしょう。




●そこで起こるのが龍馬ブーム。
すでに書店の店頭には龍馬の本特集として
ズラリと並んでいます。


また、龍馬のお墓へ行く道も
見学者で混んでいるそうです。


しかしブームもいつかは自然と去ります。
そして本質をつかんだ数%の人が長くハマり
残ります。




そのブームに乗じて私もハマるかどうかはわかりませんが
少なくとも明治維新以降の日本が世界の仲間入りをし
先進国を歩んできた歴史にはいつも興味があります。


なので第1次、2次大戦などの
ドキュメンタリー番組も観てしまいます。


どうして起こったのか
なぜそうなったのか
犠牲は必至だったのか
など考えてしまいます。


今の年金も元々は戦時下での
資金調達のためだったそうです。




それは単なる歴史として面白いだけでなく
今の私たちにも通じます。


弱小な企業がのし上がっていく術のヒントになったり
一人の人間が強くなっていくヒントにもなります。


当然、戦国時代や三国志もヒントになるでしょう。


以前レッドクリフのときも
同じような記事を書いた記憶が・・・。


それが歴史の役目で、
同じ過ちを犯さないためにも
分かりやすく伝えていくべきなのだと思います。



そして人類が少し賢くなるわけです。


しかし人間そのものの性質は
原始時代の大昔と変わらないということを
私はいつも頭に入れています。

 

明けましておめでとうございます。


今年もあなたにとって良い年になっていますので
ご安心ください。




2010年代のはじまりですね。


10年一区切りと言いますが
少なくとも昨年は激動の世の中だったと思います。


そして往々にして
●●●9年から●●●0年
の移り変わりに変化や新しいことが起きています。


なぜかは分かりません。
単に意識すると変化が起きているように
見えるだけかもしれません。


ただ明らかに人々の価値観は大きく変わっています。
特に働き方はその典型でしょう。




この変化の波にのまれながら過ごしてしまうのか
波を乗りこなして過ごすかはあなた次第です。


そのためにヒントとなることを
皆様にお伝えしていきます。


今日は取り急ぎご挨拶まで・・・。


それでは今年も宜しくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。