精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもご覧いただきありがとうございます。




ある男女のカップルがいました。
男性がいよいよ女性にプロポーズをしようとしています。


「必ず幸せにします。結婚してください。」


とても熱い気持ちが伝わりますね。
昔からあるプロポーズの言葉だと思います。


もしくは「一緒に幸せになろう」など。


とても素敵だと思います。



しかし、屁理屈を言ってみたいと思います。


幸せにしますや、幸せになろうというと
”今が幸せでない”という前提になってしまいます。


「もっと幸せになろう」と言えば
今も幸せということになるのでよいかもしれません。




「人は幸せになるために生きている」 といっているCMがありました。
そうなると今が幸せでないということでしょうか?


未来の幸せばかりを見ていると
今を感じることができず
ギャップを感じて落胆してしまいます。




また、

「何のために生きる?」という質問、疑問もおかしく
動物としての人間が生きることに
説明できるわけもないということです。


そんな中、答えが見つかった人もいるかもしれません。

しかし別に見つからなくてもいいじゃん、でもいいのです。


少なくとも万人に共通の答えが出るものではありませんし
ブログの記事1つでご理解していただけるものではないので
お心を広くして読んでいただけると幸いです。




言葉というのは裏を返して読もうとすれば
いくらでも解釈できてしまいます。


言いたい言葉そのものの選び方も非常に大切ですが
その前後関係や背景を含めて読まないと
間違って読み取りがちになります。


先のプロポーズの言葉は
ラブラブの2人だから成り立つ言葉です。


もちろんそのプロポーズの言葉を
否定しているわけではありません。




賃貸や保険などの契約書が
たくさん難しい言葉で書かれているのも
だれもが間違わないようにするためですね。
(言い訳できないようにするため)

 

いよいよ年末ですね。

食べ過ぎ飲みすぎには注意して
体をあたためていてください。

スポンサーサイト
いつもご覧いただき、ありがとうございます。



大事な忘れ物をした・・・

失敗した・・・

遅刻した・・・

突然リストラされた・・・




大きなものから小さなものまで
みなさんもいろんなピンチを
ご経験されているかもしれません。


このピンチに対してどうとらえますか?


最近良く聞かれるのが
”ピンチはチャンスだと思え”
ということです。

しかし、ひねくれ者の私にはしっくりきません。



”ピンチはチャンス”ととらえると
いかにも前向きで健全なものの見方だと
思われて推奨されるかもしれませんが、

強引に”ピンチはチャンス”と思って
焦ったまま動いたのでは
他に適切な方法を見失う恐れがあります。



ただ心理的に焦りを静める必要はあります。
それからチャンスと思えばよいということです。


焦って行動しては何も良い結果になりませんので
心理的に安心感を持ちながら
現状はやはりピンチなので
冷静に行動できるようになります。
(言葉でお伝えすると難しいですが感覚でとらえてください)


”ピンチはチャンス”と強引に思う必要はありません。

ピンチは必ずしもチャンスではなく
”ピンチはどうあがいてもピンチ”です。



他人からのヘタな慰めより
自分で嫌な感情を認めたほうが
よっぽど前に進めます。




こんな話題はいかがでしたでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。