精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBCを見ました。
すごい試合でしたね。

日本、韓国ともに理屈を超えた凄さがありました。

その凄さを理屈で説明すると野暮になってしまいます。

しかしその理屈を超えた凄さを出すためには
理論や理屈が必要になるのだと思います。


こういうことを目にすると生きるエネルギーが上がりますね
医療や医学では補えない部分です。

感動やワクワク、ドキドキ、ゾクゾク、ウキウキとした思いです。

さらに野球というスポーツの性質もあいまって
さらにゾクゾクしました。

野球独特の間打ち取って終わる完結感
たまらなく人の心を動かすのだと思います。

これがサッカーなどの時間制のスポーツだと
違った感動になるのだと思います。


またリアルタイムで見ることができるか
あるいはニュース、スポーツ番組で見るかによって
まったく受ける恩恵の大きさが違います。


私はよくライヴやコンサートに足を運ぶのですが
やはり生で観るのとライヴCD、DVDで観るのでは
全然その受けるエネルギーが違います。

ライヴでは2時間立ちっぱなしで観ていても疲れません。
いわゆる心地よい疲労感が得られます。
そしてエネルギーを得て新たな活動をすることができます。


そんな自分を奮起させるような
エネルギーがもらえるようなことを
大事にしたいです。
スポンサーサイト
ここ数日全国的に天気のよい日が続いていますね。
春の日差しになってきました。
光の色が違いますね。


天気が良いのはいいのですが今の時期
西日本にかけて黄砂が飛んできます。

最近では関東地方にまで黄砂が飛んできているようです。

私は19歳まで関東地方の
ある都市に住んでいたのですが
その頃まで(15年以上前)は
黄砂が関東に飛んでくるなんてことは
なかったように記憶しています。(確か・・・)

名古屋に住んでから初めて
黄砂という現象を目の当たりにして
遠く中国大陸から来たのだと思うと
感慨深いものが感じられたのですが、
そうも言っていられなくなってきました。

この時期花粉と重なって空気中に舞っているので
さらにひどく花粉症の症状が出てしまいます。

顔じゅう痒かったり鼻水が止まらなかったり。

実は19歳まで引っ越す前まで
花粉症がひどかったのですが
引っ越して土地が変わってから
花粉症がピタリと治っていたのです。

環境のせいかストレスがなくなったからか分かりませんが
おさまっていたことは確かです。

ですがここ数年花粉症が再発しています。
そして今年はさらに酷くなっています。


そんな花粉症と黄砂の話題が
17日のテレビ朝日の報道ステーションで報道されていました。

花粉症と黄砂の合併黄砂に付着したカビの弊害についてです。

地方の大学教授のインタビューと研究結果が紹介されて
よく理解できたのですが1つ気になったことがありました。

テレビ番組制作のことはよく分かりませんが
黄砂が飛んできた日に手の込んだ取材と映像が作れて
すぐ放送できるものなのかと。

ということはあらかじめ予測して取材して
制作して準備していたということかな。

そういったいつでも出せるネタを
たくさん持っているのでしょうか。

おそらくニュースステーション時代からの
上手さで放送できたのだと思います。

あくまで私の予測なので本当の所は分かりません。
ついそういうことも考えてしまいました。

最近私は何でもかんでも
どうやって制作して世に出ているのかも考えてしまいます。


経済産業省がCO2排出による温暖化を防止する
意識を広く浸透させるため
「カーボンフットプリント」という製造・廃棄・リサイクルまでの
全過程で排出されるCO2の排出量の数字を明記したシールを
製品に貼っていくことをはじめたようです。

くわしくはこちら⇒フジサンケイビジネスアイ
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200903040076a.nwc

貼った製品の総CO2排出量がいちいち●●グラム
表示されます。

当然企業もそれに関する調査、承認のためのコストがかかってくるはず。
でもその表示をしないと温暖化防止意識がないと思われるので
一流企業は何が何でも表示していくでしょう。
正当な理由なのでまかり通ってしまいます。

実施できない企業は消費者から敬遠され没落してしまうのでしょうか?
決して大げさな言い方ではありません。
まさにエコ戦争です。


消費者から見るとまたひとつ神経質になる種が増えたかもしれません。
そんなの関係ないよと気軽に見れる人でも
無意識にその数字を気にして製品を選別する動機になります。

成分表示は大事ですが、CO2数値はいかがなものか?

フジテレビの「特ダネ」でも放送していましたが
小倉智昭さんも渋い顔をしていました。
そのシールを作って貼る過程でもCO2が排出しているはずだし
CO2をたくさん使うほど美味しい製品が作れるものもあるとのこと。

参考サイト⇒http://www.j-cast.com/tv/2009/03/05037087.html

CO2数値で神経質になると気持ちだけで味は変わります。



ダイエット健康維持のために運動してたくさん呼吸すると
そのぶんCO2も多く排出されます。

そのうち人間にもこの人はこれだけCO2を排出しているという
シールが貼られるのかも・・・。


ブラックジョークっぽくしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。