精巣腫瘍癌ガン、転移闘病記と交通事故、網膜剥離、鬱、緘黙、リストラ…数々のトラブルを克服。それでも気分良く生きるためのコツをわかりやすくお話しています。就労問題
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、体外受精の受精卵を取り違えて
移植していた事件が報道されていました。


当然中絶した女性の体は傷つくし
記憶にはいつまでも残り心は癒されません。

謝り方やその後のケアもしっかりしないといけません。
心の傷は体や物と違って放っておくと深くなります。


まだ間違わないようにするためのシステムは
個々の病院に任されているようです。

コトの重大さははかりしれないので
一刻も早く間違わないシステム、ガイドライン、
法律が作成されなければならないということです。


その例として電化製品や自動車メーカーの生産ライン。

1つ不良が出れば何億円も損害がでるレベルなので
無視できません。
そんな時企業は速攻動きます


間違いを正すために人の正確さには頼れません。
2人でも3人でも10人でチェックしても間違うものは間違うのです。

間違わないためのシステムが必要となるわけです。
(ちなみに職人の世界とは違います。)
(また、あくまで最低限間違わないためのシステムのことで
規則や法律でのがんじがらめがよいと言っているわけではありません。)


例えば
製品で右と左で似たような部品を組み付けるとき
文字の識別だけで組付けていると間違います。
そこで右の部品を左につけても組み付かない形にするということです。

または工程そのものを変える必要もあるでしょう。


今回の事件の場合受精卵の入ったシャーレを間違えたようですが
もし文字で識別したとしても間違えはなくなりません。

間違えようがないシステムが必要になるわけです。

しかし明らかにミスや問題が予測できたことだとしても
規則や法律って犠牲者がでないと作られないのでしょうか?

犠牲者が複数出てもなかなかできないように思えます。
スポンサーサイト

一瞬だけ暖かい日がありましたが
まだ寒い日が続いていますね。


暖かかった日の空気は春の香りがして
「おっ春が来たな」と思いましたが
すぐ寒さが戻りました。

ちなみに私は結構匂いに敏感です。


抗ガン剤を機にタバコをやめたのですが(断煙)
さらに匂いに敏感になったように思います。


タバコで色んな話も聞けましたし、
百害あっても一利以上のものがあるから
やめる気はありませんでした。

だから喫煙権はあるべきだと思いますが、
やめたあと他人のニオイがこんなに
気になるとは思っていませんでした。


で、吸いたいと思えば吸いたくなってくるし、
実際ウマイという記憶はあるのですが(夢にもでてきます)
すでに「吸う」という発想がなくなっています。

脳から「吸う」というプログラムがなくなっているのです。


はじめは意識して何かしようと(この場合タバコを吸おうと)
いちいち考えて行動していたのですが
習慣化すると考えずに瞬時にタバコに手が伸びるという
プログラムが脳に作られていたのです。

タバコに限らず習い事などは
はじめは先生に見てもらいながら
いちいち考えながら動作を覚えるのですが
慣れると考えずに体が動くようになります。

脳にその習い事のプログラムができあがったのです。


同じように悪く考えてしまう思考のクセ
プログラムされて脳にこびりついているのです

ガンなどの病気はすぐ悪く考えてしまいますね。 ぞぉ-.s

その悪く考えてしまうクセも習慣化されてできたものなので
良いほうに考えるクセをつけるためにも
練習して意識から無意識へと習慣化すればよいのです。

がしかし、習い事のようにゼロから身に付けるわけでなく
マイナス(悪い思考)からプラスにもっていかないといけないので
そこにちょっとしたコツがあるのです。


それくらい脳は書き換わることを覚えてください。


ただし私は禁煙法についてはお教えできません。
病気になってくださいとは言えませんから。


まだまだ寒いので暖かくしてお過ごしください。
それでは、また。


◆今日のポイント
行動する前の脳のプログラムは書き換わる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。