ほか

ここでは、「ほか」 に関する記事を紹介しています。
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タオルたくさん
Tシャツ、下着たくさん
ジャージ、寝巻き
靴下

メガネ、メガネケース
コンタクト、洗浄剤
石鹸、ケース
歯ブラシ、歯磨き粉
コップ、サーモマグ(保冷、保温が良いです)
箸、スプーン
シェーバー、ひげ剃り
目薬
手鏡
ブラシ
お金、印鑑
耳かき、爪切り
時計、カレンダー
レジ袋(衣服まとめる用)
ティッシュ

粘着コロコロ (抗ガン剤で抜けた髪の毛を取るのに便利です)

しょう油
焼肉のたれ
ふりかけ
漬物、佃煮
インスタントみそ汁、スープ
粉末だしの素

ポット

本たくさん   ご家族、親しい友人がおられる人は
        図書館で本を借りてきてもらうのもいいですね。

ノート、日記帳 (このブログも当時つけていた日記と
          私の優秀な?記憶にもとづいて書かれています。
筆記用具、色鉛筆、蛍光ペン
ポストイット

ニット帽、キャップ
女性の場合ウィッグ

携帯音楽プレーヤー、ACアダプタ
携帯電話、充電器・・・病室では使わないでね

DVDプレーヤー
ワンセグテレビ・・・病室のテレビだとお金かかる場合あります。
ノートパソコン・・・あればあったで疲れるし、ネットにつなぐにはPHS等契約しないといけないし、
           荷物にもなるので私は持って行きませんでした。
携帯ゲーム、任天堂DS、PSP

ポスター・・・勝手に病室に貼っていました。
青だけふみ(100円ショップのイボイボついてるやつ)

地図・・・人によるかもしれませんが地図をぼうっと見ていると楽しいです。
住宅、賃貸情報誌
中古車雑誌、中古輸入車雑誌
旅雑誌
料理雑誌
・・・夢が膨らみます。


■スーツケースに詰め込むか、
キャリーカートに段ボール、ボストンバッグをのせて荷物をいれると
楽に移動できます。



★最後に・・・
「治すという意欲」は忘れずに持って行きましょう。
スポンサーサイト
抗ガン剤の副作用について簡単に説明します。

赤血球、白血球、血小板の減少・・・
これが一番やばいです。
でもお医者さんは常にこの数字を見ながら
危険にならないぐらい抗ガン剤を調整します。
白血球を増やす注射もします。
赤血球、血小板の減少を抑えられないときは輸血をします。

●吐き気、嘔吐、食欲減少・・・
1クール、2クール、3クールと回を追うごとにすぐに吐き気がします。
食べられないものは仕方ないです。
プリンやヨーグルト、栄養ドリンク・・・食べられるものでいいので食べておきましょう。
わたしはオロナミンC、デカビタCをよく飲んでいました。

●腎機能低下・・・
尿の量が減る、手足、顔がむくむ、だるいなど
尿検査、血液検査ですぐに発見できます。
ミネラルウォーター、スポーツドリンクをたくさん飲んで
悪い物を出すように意識しましょう。

私の場合普段も同様ですが
ミネラルウォーターを飲むとすぐ尿意をもよおします。
ミネラルウォーターの効用については別途特集を組みます。

●肝機能低下・・・
血液検査によって発見できます。
飲み薬を飲みました。

●体のだるさ、倦怠感・・・

●イライラ・・・私はこれが一番辛かったです。
        特に足がイライラする感じってわかりますでしょうか?
        「むずむず脚症候群」っていうのがありますがそれに近い感じです。
 
●発熱、悪寒・・
●にきび・・・白血球の減少とともに現れます。
●脱毛・・・

●耳鳴り、難聴・・・
わたしのばあい耳鳴りが抗ガン剤をはずしてから遅れてやってきました。
●味覚が変わる・・・
これもかなり遅れてやってきました。
常にしょっぱく感じていました。
感覚的な変化は遅れてやってくるようです。


ほか頭痛、下痢、手足のしびれ、口内炎、間質性肺炎など
人によって、抗ガン剤によって副作用が違ってくると思います。
なにか変化が現れたらすぐ看護師さんに伝えましょう。

いずれも耐え難いツラさだったら遠慮なく言ってください。

コピー機替わりにスキャナを買いました。

canon LiDE90というやつです。
canonlide90

複合機のほうがお得ですが家電量販店で実物を見てみると
意外とでかい。

ちなみに家電量販店大好きです。
買いもしないのにカタログはたくさんもらってきます。

今度プリンタ買い換えるなら自動両面印刷付きにしようと
思っていましたがさらにでかくなってしまう。

コピーの性能はオフィスやコンビニのコピー機のほうがはるかに上だし
いざとなればコンビニに行けばいい。

以前職場でずいぶん前の型を使っていましたが
読み取り画質も一番安いモデルで十分キレイ。

ということで単品のスキャナを買いました。
結局今まで持っていた5年くらい前のプリンタと併用です。

用途は・・・
●捨てたいけどもう少し持っておきたい文書
●借りてきた本
(少しくらいの気になる言葉ならメモればいいし、たくさんいい内容あるならその本を買えばいい。その中間のそこそこいい内容を取っておきたい場合スキャンで撮っておく)
●コピー機替わり(撮ってから印刷しなければなりませんが)
●お遊び

便利なことは何ページも撮って直接PDFファイルにできることです。
それでも全然見ない撮ったファイルは結局いらないんだなと思えて捨てることができます。

USB接続のみで起動も速いです。
簡易テーブルを買いました。

テーブルメイトというやつです。
tablemate.jpg

机でパソコンを開いていると
書き物や本を広げて読むことができません。

そこでテレビショッピングでよくやっている簡易テーブルを思い出して
ネットで検索。

ユーザー評価を見ると中には酷評もありますが
あくまで簡易ということで許せる範囲かなと思い
価格を調べたら高かった。

近くのホームセンターや家具屋を見てもありませんでした。

それでもあきらめず探していたら、
ヤフオクに一番安いのがありました。
これで失敗しても少しは許せる値段かなと思って買いました。

あくまで簡易なのでグラグラします。
飲食は無理そう。

物書き、読書、ノートパソコンは余裕でできます。
軽くひじをのせても大丈夫。

テーブル下が何もないので
足を組んだり、足をのばしたりできます。
移動もラクラク。
折りたたみもユーザー評価ほど面倒ではないです。


マイナス点は.
テーブルのプラスティックのにおいが気になる。
天板表がヒケてます。
(ウィキペディア”ヒケ”⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B1
いまどき”ヒケてる”樹脂製品があるなんてさすが海外品。
\100ショップの樹脂製品でもヒケてるものは見ないですよね。

これで雑多な机にむかって注意散漫になることなく集中できています。
机を片付けろと言われそう・・・。

万能細胞

人の体のどの部位の細胞にもなることができる細胞。

普通ある部位の細胞はその部位しかなりえません。
同じ細胞を作って、死んでいきます。

それが抜いた歯(親不知)の細胞から万能細胞を
作ることに成功しました。
記事⇒http://www.asahi.com/health/news/TKY200808220042.html

関連記事
http://www.asahi.com/health/news/TKY200808270119.html
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060811ik02.htm

もっとわかりやすいページがあります。
NHK週刊こどもニュース
http://www.nhk.or.jp/kdns/hatena/07/1124.html

人によってわかり易さがまったく違います。

増えた細胞はどうやって止まるのでしょうか?
増殖がとまらないのがガン細胞です。




科学や医学は
やりたい人に任せればいいです、
できる人に任せればいいです。

私たちにできることは
(ひとことで言ってしまうと)自分をコントロールすることです。

先日NHKの『その時歴史が動いた』「シリーズ 日本降伏」を観て思い出しました。
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2008_09.html


機動戦士ガンダム 第9話「翔べ!ガンダム」での会話より・・・

あの有名なアムロのセリフ「二度もぶった。親父にもぶたれたことないのに。」の回です。
地球に降りたはいいが地球連邦軍から孤立し戦況がおもわしくないことに対して、
ホワイトベース(戦艦)を指揮している2人の会話です。

リード中尉 「武器弾薬は底を尽き始めているんだ。今度大きな戦いがあったら支えきれん」

ブライト 「わかっています。だからどうしたら生き抜けるのか考えているんでしょ」

リード中尉 「生き抜くだけなら簡単だよ、ブライト君」

ブライト 「冗談じゃない」

リード中尉 「ホワイトベースを捨てりゃあいいんだ」

ブライト 「リ、リード中尉・・・」


このまま戦いを続けるより
降伏して敵の捕虜でも奴隷でもなったほうが
単に生き残る確率は高いという意味でしょう。

もちろんリード中尉も本気で言ったわけではないのがわかります。

捕虜の扱いは南極条約で保障されていますがジオン軍の捕虜などどうなるか分かりません。
ホワイトベースという地球連邦の最高機密を持っている以上捨てるわけにいきません。

ここでの「ホワイトベース」を言い換えることもできます。
会社、仕事、お金、プライド・・・たぶん皆さんも捨てられないものがあるでしょう。
私もあります。


ガンダムは戦争アニメという性質もあります。
戦争の悲惨さ、緊迫感、軍隊組織の動き、階級関係、
思想の対立、独裁。。。

細かい表情、繊細な描写。
ちょっとやそっとの戦争映画、物語よりリアルです。

そういえば今日は9.11
ガンダムでいえば「コロニー落とし」や「隕石落とし」そのものです。

◆小手先のテクニック

掃除機の排気が臭いとき
洗濯用粉石けんを少し吸わせると
よい香りが続きます。

柔軟剤入りだとさらによい香りです。

粉石けんを床に落とし
ぶちまけてしまったときに
気がつきました。

早く吸わせないと湿気で
粉が床にこびりついてしまいます。
(濡れぞうきんでとれます)

すでにテレビ、マスコミにも多く登場しているので
ご存知の方も多いと思いますが、
あらためてご紹介します。


ガンを患っている人の呼気に
特有の「匂い」があるそうです。

その匂いを嗅ぎ分けることができるワンちゃんがいます。

かなりの高確率でガン探知が成功しているようです。

そしてその嗅ぎ分けるガン探知能力を活用して
ガンの早期発見につなげることを目的として
さらに犬を育成しています。

将来的に妊娠検査薬やアルコールチェック機のように
手軽にガンかどうかを検査できる製品を作り
早期発見につなげるということです。

匂いを分析する機械自体は存在するようですが
現状、犬の能力のほうが上だということです。

すばらしいですね。

私も早期発見の大切さを身にしみて体験しています。
かげながら応援しています。

セントシュガー⇒ http://www.stsugar.com/
もう12月ですね。
冬のにおいがしてきました。(この感じ分かりますか?)

季節の移り変わりには波があって急に寒くなったと思ったら
少し暖かい日があり、また寒くなり…と徐々に変わっていきます。

徐々に体も寒さに慣れていきます。
良く出来ていますね。



テレビ番組の改編期でもないのに
スペシャル番組が多いです。

私は夜ゆっくりしたとき集中する仕事もあるので
テレビ大好きの私としては困りものです。

テレビの見かたによっては脳に悪影響を及ぼします。
その仕組みはそのうちお話しますが
私はしっかり見ています。


最近テレビを見ている時よくガムを噛むようになりました。
人口甘味料を使っているようでカロリーは低いです。
でも甘いです。


甘いものを食べ過ぎると太る、と脳は分かっていますが
カロリーの低い甘味料を食べても本当に太らないのでしょうか?

カロリーの数字は低いけれども甘く感じる。


どんなに食べても太らない体質の人がいますが
顕在意識でも潜在意識でも”食べても太らない”と思い込んでいるので
太らないのでは?と思っています。


思い込みで太らないことを証明した人がいるかどうかは分かりませんが
思い込みで体がどう影響を受けるかはプラシーボ効果で実証済みです。

それだけ思い込みの力ははかり知れないのでしょう。

その思い込みの力をうまくコントロールして使っていく方法は
少しずつお話していきます。


それでは、また。
インフルエンザの季節になってきました。


インフルエンザにかかったら働くこともできまんし
治療費も出費します。

体力のない小さいお子様やお年寄などは命の危険が高くなります。

インフルエンザによる経済損失も相当なものになるでしょう。


最低でも石鹸による手洗い、うがい
抵抗力を維持するため
十分な睡眠をとり体は暖かくし
加湿器などで部屋の湿度を保ちましょう。


マスクをすれば
他人にうつさないためと
うつされないためと
のどの湿度を保つためと効果は高いです。

お子様などいたずらで他人に
咳をわざとかけることのないよう注意しておきましょう。

私が中学生のとき友人にわざと咳をかけられ
肺炎になってしまいました。
もちろんその子も肺炎で休んでいました。

咳やくしゃみなどの飛沫する細かな唾液を防げば
拡大はかなり防げます。

大人でも手を押さえて咳しない人が結構います。
マナーどころか感染症の拡大防止のため
手を押さえて咳をしてもらいたいものですね。


ただでさえ不況で不安なのに病気になってしまっては
たまりません。

防げることは極力事前に備えておくほうがカッコいいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。