11、病後ダイエット

ここでは、「11、病後ダイエット」 に関する記事を紹介しています。
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
身長165.0cm

入院する前の平均体重64.0kg

入院中最大体重68.0kg超え
やはり動かないのと点滴の水分で太ります。

退院直後68.0kg



現在63.0~64.0kg
標準体重~肥満直前の間を維持しています。
BMI 23~23.5 (標準は22)
体脂肪率 16.0~18.0%

簡単な目安として最低
身長-体重が100を切らないようにしています。
(165cmの下2ケタ65kg以下を目安ということです)

ちなみに今までの体重推移は

19歳のとき最大で 75.0kg
ストレスで食べていました。

26、27歳のとき最小 53.0kg
力仕事をしていたためと
貧乏でいいもの食べられなかったため。
28インチの細身のジーンズが履けました。

その後オフィスワーク、PC作業の仕事になり
太りだし30歳のときからスポーツジムに通いだして
今でも続けています。


スポーツジムは痩せるためというより
現状体型維持と運動不足解消、ストレス解消のためです。
ストレス解消が一番動機として大きいです。


ガンになるちょっと前(32歳)から毎日ウォーキングをしています。
ウォーキングだけだと飽きるのでサイクリングも交えています。

今では朝夕(晩)2回のときが多いです。

ウォーキングやサイクリングをするときの
カロリー消費の目安として以下のサイトを利用しています。

地図のマピオンが運営しています。
マップ上にウォーキングコースを印していくと自動で消費カロリーが表示され便利です。
http://www.mapion.co.jp/route/

しばらく使っていると感覚で何分歩いたら何kcal消費したか覚えてきます。


歳を取るとますます体重が落ちにくいです。

標準体重~肥満直前でありますが
それでもある程度食べたいものを食べたいので
今のペースで折り合いをつけています。


そう決めたので心の負担になりません。

スポンサーサイト

調べてみたらダイエット法はあきれるくらい無数にありました。


入院太りのカッコ悪い体型を引き締めるため動き出しました。

まず非常に大事ですが忘れていたことです。

体重計を買いました。

見た目も大事ですが数値としてどれだけ減るか知りたかったからです。




オムロンが配布している体重体組成管理表(エクセルファイル)を
改良して、摂取カロリーも表、グラフで見ることができるようにしました。

オムロン⇒ http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf_note/index.html

まず今のペースがどれくらいの数字なのか確認。
1ヶ月くらい記入すれば感覚で
摂取カロリーと体重、体脂肪率の変化がわかってきます。

そこで気づいたのですが
カロリー自体は意外と摂取していないのだなということです。

レコーディングダイエットに近い感じですが
結局は今の状態、自分を知るということが大切です。

ダイエットは単純にプラスマイナスで計算できる世界ではないので
あくまでダイエットの一部としてのカロリー計算と考えてください。

問題なのは【マインドセット】です。


さて、私は
間食はあまりしないほうなので
私の場合体重体組成は
3食のバランスと運動に大きく関わることが分かりました。


その後先回の記事にあるように
朝、夕のウォーキングをプラスしました。


そしたら自然と元の体重に戻りました。


小さなことから小太りだったので
皮下脂肪がなかなか減りません。

それ以上引き締めるとなると
新たな方法を探して実践しないといけないようです。

しかし今はこの状態で折り合いをつけています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。