8.そして・・・【リストラ】

ここでは、「8.そして・・・【リストラ】」 に関する記事を紹介しています。
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・日にちとしては少し飛びます。


このことをどう書いてよいかとても悩みました。

私の個人ブログとはいえ
公共性の高い場であることは間違いないです。

思いつくままに書いて私の悪いエネルギーを発してしまっても
意味がなく皆さんに不快な思いをさせてしまいます。


私も普通の人間です。
いろいろな感情は湧きます。


しかし、もし100人に1人でも、1000人に1人でも
同じ状況になる人がいるかもしれないと思うと
書くべきだと思いました。

同じ失敗、過ち、苦労は知識の提供で
避けることができるなら避けるべきだと思います。


つづく・・・



スポンサーサイト
-----------------------------------------------
2008/03/12(水)

日も暮れかけていた夕方ごろ
めったに鳴らない私の携帯電話が鳴りました。

会社からでした。

「新たに採用はできない」という内容でした。

・・・
-----------------------------------------------

時はさかのぼって2008年1月の3クール目入院中、
抗ガン剤投与が終わって
やっと体も心も落ち着いてきたなというとき、

ツルが異常に太い、黒ブチメガネの、人の目を見ない支店長が
分厚い就業規則のファイルを持って病院に来ました。


用件はひとつだけ。

休職手続きをして入院をしていたのですが
会社規定の休職期間の限度を過ぎているので
いったん退職するしかない
ということでした。

退院してから再度応募して入社する
という形しかないということでした。

優先的に採用を進めていくと(口約束ですが)。
私も仕事のことは考えれない状況でしたのでそれで話をのみました。


今回のガン経験を会社にどう貢献していこうかも考えていました。

もちろん在職期間や退職金もクリアされてしまいます。
有給休暇もたくさん残っていて無駄になります。


しかし再度応募したところ
いっこうに返事が来ず。

(もちろん髪の毛、眉毛がない顔写真なので
できる限り笑い顔の写真で応募)

そして3月にはいっての電話だったのです。

ほとんどリストラ同様です。


退職願にハンコを押させに来ただけでした。
あと保険証回収。

それまで支店長とのやりとりでしたが、
そのときに限って人事担当者からの電話でした。

嫌なこと(今回の電話)は他人に任せた・・・。
それが悲しかったです。


もちろんその支店長も上層部に話して
がんばっていただろうなというのは想像つきます。


しかし休職期間の限度過ぎてからの話。

その前の2007年の時点には休職期間の限度が
いつまでというのがわかっていて
私に連絡しなかった。

・2クール後に私は空いていたので事情を知っていれば
有給使うなどして回避できたはず。

・入院中、携帯電話はふだん電源を切って留守電にしてありますが
こまめにチェックしています。

・メールアドレスも伝えてある。

・実家の連絡先も伝えてある。

・「忙しい」は言い訳になりません。


会社からいったん離れれば本人が
餓え死にしようが、どうなろうが関係ないですからね。

もしこの記事が読んでいる
あなたのお気を悪くさせてしまうのでしたら
申し訳ありません。

しかし事実をお伝えしようとしても
どうしても私の主観が入ってしまいます。


その会社での当初の目的は達成できたので未練はありません。
幸い養っていかなければならない人はいません。
被害は私だけですみます。

(この「被害」という使い方も適切ではないかもしれませんが、
今はこう書かせていただきます。)

ですが突然収入が途絶えることになります。
必ずしも同じ収入が今後維持できるわけではありません。

今度こそはと思っていたのですが
スッキリとは終われないものです。




健康保険の話
雇用保険の話
まだまだ続きます。

休職期間満了での退職が”くせもの”になります。

私が休む前、
交通事故で体調が悪いらしく、
業務時間を削って病院に通院していた社員が職場にいました。

結局その人は休職させられていました。


その後どうなったのだろうと気になっています。


なるほど、会社はいい方法を見つけたなと思いました。


しかし、それがずっと通用するとは思いません。

どの会社も
なんとしても自己都合として退職してもらおうとします。

そこまでして辞めさそうとする会社には”居る価値”はありません
その人にとってのその会社の価値です。

休職期間満了での退職だと、
会社都合でも自己都合でもないあいまいな立場のようです。
私は専門家ではありませんのでくわしいことはよくわかりませんが、

雇用保険を受けるときこの差が大きくなります。

またお話しますね。

健康保険についてです。

入院中に退職したので、
会社が入っている組合健康保険を続けるかどうかになってきます。


社員のときは会社50%自分50%で
保険料を払っていたのですが、
会社には在籍していないので、
今までの倍払わなければならないことになります。


そのときはすぐ復職(正式には新たに”入社”ですが)すると
思っていたので多少高くても、
会社の健康保険を引き続き使っていこうと思いました。


退院した日に健康保険の組合に電話で
引き続き保険に入れるか聞いてみました。

引き続き入るには退職日から●日以内の申請なら可能ということでした。

それがタイミングにより、1日、2日の違いで不可能になりました。
非常に悔しいです。



2008年1月8日にさかのぼって退職しています。
上司が来てその話を聞いたのが退院1/30の寸前です。

また腑に落ちない記憶が残ってしまいました。


健康保険組合の対応していただいた方がまたそっけない対応で
事実は変わらないにしろ
人には感情があるのを分かってほしかったです。


あとは国民健康保険しかありません。
保険適用なしの治療費は非常に高額になります。

すぐ役所に行って聞いてみました。
そして、さかのぼって保険に入れることがわかったので
ほっとしました。

簡単に理由を言えば、さかのぼって保険に入れます。

ほっとした感じもあってか、先ほどの組合の人の対応より
役所の人の対応がすごく丁寧に感じました。

ほんの10年くらい前までは役所の人の対応は無愛想な感じでしたが
最近はどこの役所、税務署などは丁寧に感じます。

==========================================
ご注意
私が経験した当時の事をお話しているので、
制度上変更になっている可能性もございます。
==========================================
1年間の医療費が10万円以上の場合、控除が受けられます。

納めすぎた税金が戻ってきます。(払いすぎた、ではありません)

申請には治療費を支払ったときの領収書が必要になります。

私はすべて残してありました。
しかし、全部提出すると大量な枚数になるし
合計するのも計算しないといけません。

領収書を失くしている方もいると思います。

なので病院に2007年の領収書をまとめてもらうことできますか?と聞いたら
手数料がかりましたができました。
確定申告にも使えることを確認して。

領収書という名前ではなく
領収証明書というものに合算した額が書いてありました。

他の病院の領収書もあわせて提出しました。

ほか医療費だけでなくさまざまなケースで戻ってきます。
私が参考にしたサイトをご紹介しておきます。

確定申告で困ったときの初心者ガイド⇒ http://www.sinkoku.net/

国税庁平成19年分確定申告書等作成コーナー⇒ https://www.keisan.nta.go.jp/h19/ta_top.htm#
来年になると平成20年分のコーナーができると思います。
過去の分も申請できるんですね。

自分のパソコンで入力してプリントしてそれを提出できます。
最初は面倒くさいですがお金が戻ってくることを考えると意外と簡単にできます。



2008/2/25(月)

締め切り間近では修正もできなくなってしまうし
混んでいると予想されるので早めに提出しに行きました。

私の住所の確定申告受付は税務署ではなく
ショッピングセンターの駐車場に特設された会場でした。

着いたのが午前10時ころ。

すでに混んでいました。。。

しかしパソコンで入力した用紙を持っていったので
別の受付でスムーズにチェックしてもらい短時間で終えました。


3月半ばすぎて国税還付金振込通知書というものが送られてきました。

中身をみたら結構な金額が戻ってくることがわかりました。
すごく得した気分でした。


みなさんも忘れず面倒くさがらず確定申告しましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。