7、3クール

ここでは、「7、3クール」 に関する記事を紹介しています。
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/07(月)

正月気分もさめやらぬとき
3クール目の入院です。

世間の多くは仕事始めなんだぁと思いつつ
すっかり仕事のことなんか忘れて
病院へひとりで向かいました。


例によって検査、採血等々慣れてしまいました。

年始めの入院だからか
肺活量検査がありました。
4月に入院したとき以来です。


その日のうちに点滴通して
生理食塩水で準備です。

スポンサーサイト
2008/01/08(火)

2クールと同じく次の日には抗ガン剤注入です。

まだテレビ番組とかも正月気分で
私も正月気分で余裕です。

2008/01/10(木)

今回なんかちょっと違うぞ。

吐き気もきついし
倦怠感もきつい。

イライラする。
特に足がイライラ、 「むずむず脚症候群」みたいな感じ 。
貧乏ゆすりが止まりません。

貧乏ゆすりで発電できればエコなんですが。

2008/01/13(日)

このぐらいになると
毎日吐いています。

一日2回以上吐くときも多かったです。
吐いたあとはスッキリします。

食事はほとんど手をつけれません。

カルピスとかオロナミンCとか
栄養ありそうなジュースをチビチビ飲んでしのいでました。

あとチョコアイスもそこそこ食べれました。

 

2008/01/14(月)

食欲はないのですが
おいしいものを食べたいという欲求はあります。
(変な言い方ですが)

料理番組や料理雑誌を見たり、
情報誌のおいしい店紹介とか
旅行番組のご当地名産とか・・・

妄想をふくらませて欲求を満たしていました。

治ったらこれを食べてやる、あれを食べてやると
メモしたりしていました。


2008/01/15(火)

点滴が取れました。


次の日1/16にはシャワーも浴びることができて
やっと楽になってきた感じです。

でも食欲は引き続きないです。

ミニカップラーメンがやっと食べられるくらいです。
2008/01/19(土)

白血球の数が下がる前に
外泊許可がでました。

念のため白血球の数を上げる注射をしてからの外出です。

1泊だけでも休まります。

病院内ではまともに食べられなかったのですが
外へ出ると何でも食べられます。

ここぞとばかり食べたいものを食べました。
2008/01/21(月)

体は楽になりましたが
まだ本来の食欲はでません。

チョコ以外のお菓子もあまり食べなかったです。

チョコは好きなので食べられました。

グリコのジャイアントカプリコなど
おいしくいただけました。
2008/01/22(火)

最後に少量だけ抗ガン剤を入れました。

すぐ体が反応して
熱と悪寒がしてこの日はずっとだるかったです。

次の日も熱は引きましたが
体はだるい感じです。

2008/01/25(金)

3日ほど連続して白血球を上げる注射もうっていたので
血液の数値も落ち着いています。

ほか血小板、赤血球良好です。


CT検査、腫瘍マーカーの結果が届き
先生から説明を受けました。

心臓ドキドキです。


私もCTの画像を見ましたが、
腫瘍の影がなくなり(色が薄くなり)
死んだガン細胞の跡らしきものが写っているだけです。

腫瘍マーカーの値も正常値に戻り
下がり続けいているわけではないので
この2つのデータからすると抗ガン剤の効き目があったと
見ることができます。

腫瘍マーカーが下がり続けていると
まだガン細胞が残っているとみなすことができてしまいます。


原則このあと死んだガン細胞らしきものを採って
調べないと確実なことは言えません。

お腹を開いて死んだガン細胞を採るか、
腹腔鏡手術(病院によっては設備が無いところもあります)で
細い管を入れて細胞を採るかします。

いずれにしろ脊椎の近くの神経を傷つけてしまい
勃起能力射精能力が無くなってしまうのだそうです。


私の場合細胞のかたまりがあまりにも小さく、
お腹の奥の脊椎の近くにあるので

お腹を開いてまで調べるリスクのほうが高い、
開いたとしても小さくて正確に採れるかどうかもわからない

さきに書いたように抗ガン剤の効き目があったと
見ることができるのでやめになりました。

ほっとしました。

その後腫瘍マーカーが上がれば
また別の抗ガン剤が用意されているのだそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。