1、序章

ここでは、「1、序章」 に関する記事を紹介しています。
☆.。.:*・゜★.。.:*     ごあいさつ     ☆.。.:*・゜★.。.:*

ご覧いただきありがとうございます。
たまたま精巣ガンになってしまいました。

お気軽に読んでいただければ幸いです。
お気に入りいただけましたらご友人にもご紹介くださいませ。


■元リストラガン患者
■元機械系エンジニア

■NLPマスタープラクティショナー (米国NLP協会認定)
■産業カウンセラー (一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定)
■キャリアコンサルタント (国家資格)
■交流分析士インストラクター (NPO法人日本交流分析協会認定)
■NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
■3級ファイナンシャルプランニング技能士

新しいブログはコチラ
『もっと自分らしく生きる方法』
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/heartstrings-on/
ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://heartstrings-on.net/

カテゴリを押すと時系列で読めます■
闘病記の投稿日時は実際の日付とは関係ありません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず何で気づいたか?

自覚症状です。

忘れもしない1月下旬のある日の午後、

いつものように仕事をしていました。

何の気なしに右足を左足の上に組んだときでした。

下腹部に鈍痛がありました。

う○ちの腹痛かと思いトイレへ行って済ませてきたのですが(失礼)、

まだ痛い感じ。

きつめの綿パンを履いていたこともあって

お腹を圧迫してたからかなと思っていました。

実際足を組まない時は痛くなかったので。

その日はそれ以上気にしませんでした。
スポンサーサイト
その日家に帰ってから

やっぱり下腹部に鈍痛がするなと思い

かといってお腹でもないしと、手でさすって調べていくと

2個あるうちの1個のたまたま(精巣)にしこりがあるのに気づきました。

(もし女性のかたが見ていらっしゃったらゴメンナサイ。真剣なんです。)

なんだこれっ!

さわってみると、確かに丸い形の精巣に腫れているようなしこりがありました。

すぐさまインターネットで調べました。

炎症の場合が多いって書いてありました。

もうちょっと様子見てみようかそんな感じで気楽にいました。
 その後もあいかわらず圧迫すると鈍痛がするなぁと思いつつ、
ネットでさらに調べていくと腫瘍の可能性もあると書いてありました。

まさかと思いもう少し様子見て変化なかったら病院行こうと思いました。

4月から職場環境が変わるので早めに治しておこうと思いました。

仕事も忙しかったこともあり2月はそんな感じで
病院行こうと思いつつ、いやもうちょっと様子見ようと、
結局病院行く勇気がなかっただけです。

でもそういう時、不確かでも安心材料を探そうとするんですね。

ネットで調べて(それか本ぐらいしかないですが)何度も単なる炎症だなと
自分に言い聞かせていました。

 1ヶ月たってもしこりが小さくならないのでさすがに病院にいきました。

逆にいうと大きくもならないし痛みも最初の痛さと同じだったので
1ヶ月ほっといてしまったかもしれません。

自宅の近くの内科ほか2個くらい科があるくらいの小さめの病院の泌尿器科にいきました。

別にやましいことをしたわけでないので正直に堂々と?症状を話して診てもらったら

「副睾丸の炎症でしょう」といことで薬をもらって飲んでいきました。

結核でも似たような症状がでるそうなのですが
血液検査で結核の反応はでませんでした。

炎症ならすぐ治ると思い、ほっと安心しました。
 それから1週間経ち、、、2週間経ち、、、
しこりは小さくなったような感じはするけど
痛みは押すと痛いし、段々心配になってきました。

薬の飲み方が悪いのかな。
食事あとに飲むのですがその前後にお茶、コーヒーは控えて
水道水で飲むようにしました。

ちなみにミネラルウォーターもいけないそうです。
ミネラル分が薬と結びついて効果がでない場合があるそうです。



その間(3月)に会社の健康診断があったのですが

何も引っかからず。

(思い出したっ!、健診の結果すら来ていなかった。)

まあ会社の健康診断はあくまで法律の範囲でやるのだから

ガン検診とか成人病検査ではないので文句はいえません。

自己管理、自己判断で人間ドック等にいくのが一番です。
 3週間、4週間、、、
炎症ならとっくに治っているのだそうです。

「詳しく調べないとわからない」と言われ
大きな病院を紹介されました。

まさか。

それも心配でしたが
私のほうは仕事が一区切りついたところで
つぎなる仕事の期待と不安でいっぱいでした。
女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが
卵巣がんの予防のため
卵巣と卵管摘出したというニュースが流れましたね。


決断には相当の覚悟が必要だと思いますが、
とても自律した考え方と行動だと思います。


そこには、
世間からの見られ方や
偏見、思い込みなど関係なく

正しい知識と
リスクとの比較

科学的で冷静で
そして家族の気持ちも考慮しての

自律した決断です。


私の母も卵巣ガンで亡くしているので
無視できないニュースでした。
(もちろん私もガンだったから気になります)



自分で決断して
自分で行動することは
とても難しいことですが、

自分で決断したことだから
自由と責任があります。


当然そこに占いやスピリチュアル、霊感など
根拠のない情報は必要ありませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。